家づくりの要望書

家づくり

Instagram:Yuki(@yukilife2024) • Instagram写真と動画

二度目の家づくりの話からしてしまっていましたが、最初にこの家を建てたときのことからちょこちょこと記録していこうと思います。わたしが家を建てる際に参考にさせて頂いた方々は、①注文住宅の建設のプロセスをブログ化→②建設完了後ライフハック的ブログへ移行 とされている方が多いのですが(すっぱりブログを終了された方もおります)、わたしの場合は①をすっ飛ばしてしまっているので、まずは①をこれからちょっとずつ記載していこうかと思います。

私が家の建設を考えていた際(2017年)、私が知らなかっただけかもしれませんが、今ほどInstagramなどで情報が手に入ることもなく、もっぱらブログで「WEB内覧会」などのキーワードを検索して参考情報を得ていました。うちのおひとりの方がものすごく詳細の情報(造作家具まですべての寸法を図解付きで解説)をブログに掲載されており、特に参考にさせて頂いていました。

そのなかで、一番初めにやるべきと記載されていたのが、「要望書の作成」です。今まで住んできた住居のなかで、何が良くて、何が悪かったのかを整理しておくこと。そして、良かったこと、悪かったことのうち、次の住居でも実現したいことや、次の住居では絶対に改善したいことの優先順位をつけておくこと。予算が無尽蔵にあるという人はいいのですが、そうではない人の方が多いと思うので(私も)、どこをあきらめる?という話になる際に、この優先順位がしっかりと自分のなかで明確になっていれば、家を建てた後の後悔ポイントが少なくて済む。私は、土地から、各部屋まで家族にも聞いてみたりしながらできるだけ明確にして家づくりに臨みました。

それでも、後悔ポイントはまぁまぁありますが、、それは追々記載できればと思っています。

要望書の中身は、
①今までの家での不満、良かったこと
②新居で実現したいこと
③仕様の要望
④購入予定の家具・家電のまとめ
 
で構成しました。上述した私がとても参考にさせて頂いた方は、加えて各部屋で収納する予定のものも細かに記載されたようですが、私にはとてもできませんでした。。

加えて、私はこの要望書でまとめたものを基として、自分で空想の間取りを書いていました。そのうち記事にしたいと思っていますが、私の場合は、洗面・脱衣を別にすること、ランドリールームを設けること、パントリーを設けることなど盛り込んだ結果、最低120平米の広さが欲しいということがわかっていました。

尚、要望書を作らない方が良いという人もいます。考え方の違いかな、と思いますが、私の場合は、上記の通り 1. 優先順位を明確にすること、2. 家族間ですり合わせること、3. 伝えるときの抜け漏れがないようにすること などを重視しておりましたので、今考えても要望書を作成してよかったなと思いますし、これから家を建設する人にもお勧めしています。

これから徐々に各部屋の要望で記載したこと、実現したこと・できなかったこと、後悔ポイント など記載していければいいなと思います。

Instagram:Yuki(@yukilife2024) • Instagram写真と動画

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメント