一戸建てを建てるために土地を探す

家づくり

Instagram:Yuki(@yukilife2024) • Instagram写真と動画

土地
前回の記事(こちら)に注文住宅を建設する際は、まず要望書を作るべし!と記載しました(しない方が良い、、という人もいますが、私は作ることを推奨します。前回記事で説明しています)。私の場合は、中古住宅のリノベーションなども考えていましたが、一戸建てを建設したいと思っていましたので、土地・中古住宅を中心にSuumoなどの住宅検索サイトで探し、結局土地を購入しました。

どういう街でどのような暮らしをするか?を明確にする
私達の場合、住みたいエリア(市)は明確に決まっていました。もしかしたら旦那様、または奥様(ひょっとしたらお子様とも・・・?)と意見が合わない、、という人もいるのかもしれませんが、私は夫と意見がぴったり一致したので、すんなり土地探し・中古住宅探しを行うことができました。私達が挙げていた条件は以下の通りです。

① 子育てに良い自然環境があること(妊娠中でした)
② 津波の浸水域ではないが海まで徒歩圏であること
(夫も私も海沿いの出身のため、海が近い文化圏が良いと思っていました)
③ 最寄り駅まで徒歩10分圏内であること
④ 120平米程度の家が建てられる土地であること(容積率、建蔽率的に)
予算内であること!

家を建設したいと思い始めた際、転勤で遠方にいたため、Suumoなどの検索サイトで半年くらいは土地探しをしていたと思います。そうやって見ている中で、大体どれくらいの土地にどれくらいの金額がつくのか、感覚で分かってきていました。
見に行きたいなぁと思う中古戸建てや土地が出ても、転勤先が遠かったため、「あ~…売れちゃった」と落胆日々するが続いていました。

土地探しはご縁
そうこうしているうちに転勤先から帰任することとなり、、そのタイミングで、奇跡的にほぼすべてを満たす土地が出たんです。ただ、⑤だけが、足りていませんでした。ちょうど100平米の土地で、容積率100%、建蔽率50%。したがって、最大で建てられる住宅は100平米の広さになります。
前回記事(こちら)の通り、大体どれくらいの広さが欲しいかわかっていたので、面積を削らなければいけないことにはとても悩みました。

そうやって悶々としていたら、見ていたこの土地の値段が急に500万円も減額(👀!!)。半年も見ていたので、このエリアでこの価格が破格だということもわかっていました。
100平米ではパントリーやランドリールームはできないかもしれない、、と思いましたが、これを逃すことはできないと思い、土地を見に行き、売り主さんとお会いしました。結果、当時重視していなかったのですが、以下の点が確認できたので、購入することにしました。

⑥ 土地の前の道路は通り抜けできないこと
(住んでいる人しかエリアに入ってこないので、住んでいない人が入ってきたらすぐにわかる)
⑦ ご近所に欧米系の外国の方が多いこと(※うちは夫が外国人です)
⑧ たまたま出くわした近所の方(30代女性)から「住みやすいですよ」と言っていただけたこと

売り主さんにお会いした際に、「なぜ500万円も下げたのですか?」と聞いたのですが、売り急いでいるので、ということでした。が、おそらく、山に囲まれていて採光条件が良くない、100平米というのはこのエリアでは小さい、などの理由で買い手がつかなかったのかなぁと想像しています。また、Suumoなどに掲載されていた写真もあまりにも狭く見えて、良い印象ではありませんでした(私も当初両親などに見せたところ、「この土地は微妙じゃない・・・?」という反応でした)。

結果、この土地を購入したのですが、土地の価格が予算を下回って浮いた分を住宅に回すことができ、快適に暮らしていますので、私達にとっては良い選択でした!が、住宅は結局予算を大幅に上回ります・・・。このあたりもまた記事にしていきます。

Instagram:Yuki(@yukilife2024) • Instagram写真と動画

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメント